未分類

【危険?】アンチノールに副作用ってあるの?与えても大丈夫なの?

アンチノールに副作用ってあるの?ってことなんですが、結論から言うと副作用がまったくないということはありません!

水でさえ取りすぎると水毒になるので適用・適量を守らないとなおさら何らかの影響が起こり得ますよね。

とはいえ、アンチノールは関節、皮膚・被毛、心血管、腎臓、神経・認知機能に効果があるとされる一方で、口コミなどを見ていると

  • お腹がゆるくなった下痢をした
  • 下痢をした

という声も聞こえます。ではなぜお腹がゆるくなるのかを解説します

\動物病院取り扱いNo,1/

アンチノールの成分から副作用?を解説します

アンチノールの成分はオリーブオイル EAB-277(海洋性脂質:モエギイガイ抽出脂肪酸PCSO-524+クリルオイル) d-α-トコフェロール(ビタミンE) ​カプセル(牛由来ゼラチン、グリセリン、水、ソルビトール)です。

この成分の中でもお腹がゆるくなる可能性のある成分は、(海洋性脂質:モエギイガイ抽出脂肪酸PCSO-524+クリルオイル)と牛由来ゼラチン。

モエギイガイと牛由来ゼラチンによるアレルギーの可能性!

モエギイガイはニュージーランドで取れる貝です。この貝にアレルギをお持ちの犬や猫の場合は下痢や嘔吐を発症する可能性があります。

またゼラチンは牛由来のものが使われています。貝と同様に牛アレルギーをお持ちの犬や猫の場合も下痢や嘔吐を発症する可能性があります。

脂肪酸による影響

アンチノールの効果の要因の一つは脂肪酸です。反面、脂肪酸によって下痢を起こす場合もあります。

脂肪酸は消化するのに時間を要します。効果を求めすぎて投与量を多めに与えるなど適量を間違えると胃腸に負担をかけて下痢を起こす可能性があります。

要点まとめ
  • 貝、牛アレルギーの場合は投与を控える
  • 消化器系が弱い場合は投与量を考えるまたは控える

アンチノールはサプリメントです。そもそも副作用という言葉は「薬」における言葉です。

ですが、口に入れる以上、注視してあげることが大事です。

アンチノールは口コミでも評判の良い、関節、皮膚・被毛、心血管、腎臓、神経・認知機能の健康を守るサプリメントです。

適用適量を守ってワンちゃんネコちゃんとの幸せな生活を送りましょう。

\動物病院取り扱いNo,1/